製品やサービスの良さを知ってもらうために、プレスリリースの配信は欠かせません。
PR TIMES(https://prtimes.jp/)を利用すれば、プレスリリースの配信がとても楽になりますし、多くのメディアの方に見てもらえます。

このページではShodoからPR TIMESへ入稿する方法を説明します。

※ PR TIMESは株式会社PR TIMESの登録商標です。また本機能はPR TIMESより正式にライセンスされたものではありません。

Shodoで記事を書いてPR TIMESへ入稿

Shodoで書いた記事を、PR TIMES向けのWord文書でダウンロードできます。執筆タスクの「ファイル出力・配信」のタブを選択してください。

PR TIMES向けWord文書をダウンロード

このWord文書は以下のようなPR TIMES向けの変更がされています。

・ PR TIMESのプレスリリースでは「見出し」が使えないため、文中の見出しを太字に変換
・ PR TIMESではテキストのリンクが使えないため、テキスト(https://example.com/) とURLを表示するよう変換
・ 画像を後から添付しやすいように、Word文書と同時にダウンロード

PR TIMESの「プレスリリース新規登録」画面右上の「Wordファイルインポート」をクリックしてください。

プレスリリース新規登録画面

ShodoからダウンロードしたWord文書をドラッグ&ドロップしてください。

ShodoからダウンロードしたWord文書を入稿

これだけの手順で、ShodoでAI校正、チーム内でレビューした原稿をPR TIMESに入稿できます。

記事中の画像はWord文書から自動で挿入されません。ダンロードしたファイル内の「画像」フォルダーにある画像を数字の順番に挿入してください。詳しくは「ご利用方法」ファイルをご確認ください。

AI校正とチーム内でのレビューをしてプレスリリースを配信

プレスリリースの配信はとても重要です。

重要であるがゆえに、原稿を書くプロセスやチェックする手間は大きくなってしまいます。
Shodoを使えばその問題はすべて解決します。

プレスリリースをPR TIMESで配信される方は、ぜひShodoをご活用いただけると嬉しいです。

回答が見つかりましたか?